かんぱんとシミ

「かんぱん」って、どんなシミ?

シミで悩む女性は数えきれないほどですが、シミにはいろいろな種類があります。最も多いのが「老人性色素斑」とよばれるシミで、紫外線を浴びたことによりできてしまうもの。

そして遺伝的な要素が強く、子供の頃から発症するのが「雀卵斑(そばかす)」。ニキビや皮膚の炎症の跡がシミになってしまうのが「炎症後色素沈着」。

そして、ホルモンバランスの崩れやストレスが影響して頬のあたりに左右対称に出やすい、淡褐色のシミが「かんぱん」。シミというものは、ほとんどの原因は紫外線にあると考えられているのです。

ですが、この「かんぱん」だけは紫外線が主原因はではないのです。では、この「かんぱん」はいったいどんなシミなのでしょうか。



45be84e07178f3599bc9c81fec6bcd10_s


「かんぱん」の原因は、ホルモンバランス

「かんぱん」は、女性ホルモンのバランスが影響して発生するシミ。頬のあたりを中心に左右対称に広い範囲にうっすらとできます。

30歳~40歳代の女性に多く見られ、シミに悩む人の4割は「かんぱん」であるといわれるほどです。50歳を過ぎると閉経とともに薄くなったり消えることもあります。

ホルモンバランスが影響するので、妊娠2~3ヵ月ころから現れることが多く、次第に濃くなっていくのも特徴のひとつ。出産後は少しずつ薄くなって、いつのまにか消えることもあります。

「かんぱん」は紫外線が直接的な原因ではないにしても、紫外線を浴びることで、「かんぱん」のシミはさらに濃くなり症状が悪化します。

「かんぱん」もほかのシミと同じように紫外線をできるだけ防御することが大切です。シミ治療のひとつとして有効なレーザー治療は、「かんぱん」の場合はかえって悪化する場合があるので注意しましょう。


5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s


あなたのそのシミ、「かんぱん」かも?

シミのケアで大切なのは、まず自分のシミの種類をきちんと見極めること。どれも同じようなシミに見えても、シミの原因や種類によって治療の仕方も変わってきます。

効果を発揮する成分も微妙に違ってくるので、美白化粧品を選ぶ際にも自分のシミがどのタイプなのか知っておくことはとても重要になります。

特に、ホルモンバランスの乱れにより発症する「かんぱん」のシミの場合はレーザー治療がNGなので、自分のシミが「かんぱん」なのか、そうでないのかを見分けることは、適切なケアのためにも不可欠な要素となります。


「かんぱん」のシミの見分け方

「かんぱん」のシミは、主にほほ骨のあたりや額、口のまわりなどに左右対称に現れるという特徴があります。紫外線による日焼けが原因で発症する「老人性色素斑」と似ていて見分けがむずかしい場合もあります。

ですが一般的には輪郭がはっきりせず、薄い褐色でぼやっと広がっているシミが「かんぱん」の特徴です。目のまわりにはできにくいのも「かんぱん」のシミのポイント。

次の項目にあてはまるシミは、「かんぱん」の可能性が高いのでチェックしてみてください。

  • ・若い頃は特になかったのに、30代~40代に突然シミが出てきた
  • ・ほほ骨に沿って、目の下あたりに左右対称にぼやっとしたシミが広がっている
  • ・目の周囲を避けるようにシミができている
  • ・妊娠した経験がある
  • ・経口避妊薬(ピル)を服用している
  • ・ストレスを感じやすい
  • ・加齢につれて、シミが濃くなってきた
  • ・レーザー治療をして悪化した